日本滞在 ~幼稚園~

今回の約1ヵ月の日本滞在中、
ニナを日本の幼稚園に体験入園させました。

サンディエゴのお友達で、ニナと同い年の女の子が居てたまたま日本の実家も近いと言う運命的な(?)お友達からの提案で、同じ時期に帰る事にしたので同じ幼稚園に通わせようと計画立てていたのですが、
ニナのシビアなピーナッツアレルギーの為、希望の幼稚園の入園を断られてしまいました。
アレルギーの事もあるし体験入園は諦めかけていたのですが、
ダメもとで、実家から徒歩圏内の幼稚園に問い合わせたところ選択可能な給食を全部お弁当にすればOKとの事で、入園を決めました。

ニナはアメリカでもプリスクールが大好きなので、
「日本でも幼稚園に行くんだよ~」と言うと
「イェ~ィ!行きたい、行きたいー!!」と喜んでいました。


実はこの幼稚園、
私の母校なのです^^
b0257088_13541637.jpg

話しを聞くと、アメリカから電話で問い合わせに応じて下さった事務の先生は、
丁度私が入園した頃にこの園に入ったとの事。
色々と本当に親切にしていただきました。

制服、体操服、バッグ、上履き、お弁当箱、その他色々、、
全て園のご好意で無料で貸して頂きました。
そしてニナの産まれて初めての『制服』
私が着ていたものと全く同じ!変わっていないそうです^^
b0257088_141010.jpg

自分の娘が、しかもアメリカに住んでいる娘が私と同じ幼稚園に通い同じ制服を着ているなんて、、、
何だか、言葉に出来ない感動です。

校舎も拡張され園庭、遊具も見違えるほど広くなっていました。
でもこのふじの木だけは当時そのままの形で残っていました^^
b0257088_1513076.jpg

当時は、高ーい、広ーい屋根のようなふじの木だと思っていましたが、
大人になってみると、
あれ?こんなに低くって小さかったっけ??
なんて思います@^^@

そしてニナはと言うと、

想定外の反応でした。

先ず、初日の簡単な面談から様子が変でした。
そのいやな予感は的中。
初日の朝、園に着くとママから離れようとせず、
私が行こうとするとまさかの大泣き。
学校が好きで好きでたまらないニナ。
アメリカでは初日からママを振り返りもせずに遊んでいたニナ。
そんなニナが泣くなんて想像もしていなかっただけに、かなり動揺してしまいました。
どんなに周りに説得されても泣き止まず、更にエスカレートして泣き叫んでいました。
それを振り払って背を向け、帰る事がこんなに辛いなんて知らなかった。
涙が止まりませんでした。

こんな日が3日間続きました。

楽しい日本滞在のはずが、
幼稚園に行かなければいけない。と言うストレスを与えてしまっているようでは意味がないのでは、、、
と考え、止めさせようとも考えました。
でも先生達も”大丈夫ですよ”と言ってくださって、本人も朝は大泣きするけど、ママが帰って落ち着くと何とか楽しそうにやっているとの事だったので、続ける事に。

朝、送っていく時はいつも凄く不安そうで私の手をギュッっと握っているのですが、
お迎えに行くともの凄く嬉しそうで、その後園の遊具で遊ぶのを楽しみにしていました。
b0257088_14234843.jpg

b0257088_14244025.jpg
b0257088_14252664.jpg
b0257088_14261845.jpg

この楽しく遊んでいる笑顔が、毎朝の私の不安を和らげてくれました。

そし入園間もなく参観日がありました。
まだ全く慣れていない時だったので、何をするにも馴染めていない感じはしましたが、
ニナなりに頑張っているんだな~と目頭が熱くなりました 笑
b0257088_14392560.jpg

b0257088_14295443.jpg

b0257088_14305453.jpg

トトロの時計を作成していました♪
b0257088_14314676.jpg


潤も、毎日お迎えの後に園庭の遊具で遊ぶのを楽しみにしていました^^
b0257088_1435299.jpg

b0257088_14362745.jpg
b0257088_14371360.jpg


幼稚園へは実家から徒歩5分と近いので、
送り迎えは出来るだけ徒歩でニナとの時間を作るようにしました(5分ですが、、、^^;)
帰り道はいつもお花を摘んだり寄り道をしたり、、、、
何だかのどかな時間だな~
b0257088_14431766.jpg

b0257088_14441631.jpg



今回の体験入園、
日本に1ヵ月滞在と言う事で、子供2人連れて1ヵ月何をしよう?
地元にはそれ程同じ年位のお友達も居ないし、出掛けるといっても毎日毎日遠出する訳にもいかないし、
私にとっても本人にとっても幼稚園にいく事はいい事だろうと考えて決めた事でしたが、

やはり、アメリカと日本の習慣の違い。
実際にニナが今通っているアメリカのプリスクールは、完全に自由。
週2、午前中の2時間半。
厳しいルールや決まりも殆どなく伸び伸び遊ぶ事が基本。
学校に着くやいなや、プリンセスのコスチュームに着替え、
挨拶もままならぬままお外へ駆け出しお友達と思いもまま遊ぶ。。。
そんな習慣が身についている矢先に、
半、親の都合で日本の幼稚園に入れられて、
到着後先ず、靴を脱ぎ上履きに履き替え、
帽子、バッグ、水筒等、持参したのもを所定の場所に入れ、
自分で体操服にお着替え、
お昼ごはんは皆残さず食べ、終わったら各自歯磨き、
席を立つ時はきちんと椅子を入れる、、、

こんなキチンとした生活、、、
勿論素晴らしい事なのですが、ニナにとっては別世界。
そして同い年の周りのお友達は皆出来る、普通にやっている。
しかも、仲のいいお友達はいない、、、
こんな状況で、大人でもストレスを感じることはあるだろう。
ニナは4歳。
どんなにプレッシャーになったか、
ストレスを感じていたか、、、
ニナの気持ちを思うと、今でも胸が痛くなります。

でも、こんな思いをしていても、
一度も「学校に行きたくない」と口にしなかったニナ。
最後まで、1ヵ月頑張り通したニナ。
自分の娘ながらに、心から尊敬します。

本当によく頑張ったね。

毎日、行きたくなかった気持ちは痛いほど分かっていたけれど、
こうやって最後まで頑張り通したニナ、
きっと、絶対に何か、この経験から学んでくれた事があるでしょう。

次に日本に帰る時にはもう体験入園、入学はないかもしれませんが、、^^;
この体験が、ニナの近い将来の励みになりますように♪

b0257088_153314.jpg
b0257088_1545876.jpg
b0257088_1555412.jpg
b0257088_1585570.jpg

[PR]

by ayupie119 | 2012-08-03 15:17